人気の生命保険の選び方は?無料相談で見直しを

新しく趣味や初めて体験することがある場合、みなさんどうしていますか?まず最初にネットで調べる人が多いと思います。

保険の見直しをしようと思い検索していたところ保険相談無料ドットコムというサイトを見つけました。

街中にある店舗型のサービスではないのでこちらの都合のいい時間に職場近くのカフェなど好きな場所で面談をしてくれるようです。

現在の生活状況などを確認するので落ち着いて話をするために自宅で相談を行う方が多いようです。

また、サービス方針も強制的な勧誘をしないのはもちろん、保障内容をわかりやすく噛み砕いて説明してくれるようなので安心ですね。

営業の人に提案されるがままに保険に入っててしまって実は、内容をちゃんと理解できていない方も多いと思います。

保険無料相談サービスを活用してはいかがでしょうか。

知識がなくても保険の専門家が今はどんな保険に入っているか、ライフプランに合う保険ではなかった場合、より現場に合う保険の相談に乗ってくれます。

また、使う可能性の低いオプションを外したり別の保険に乗り替えることで保険料が減ることもあります。

また、FP紹介サービスの中にはサービスを利用し条件を満たすとお米や黒毛和牛肉をプレゼントするキャンペーンを行っていたりします。

保険に関しての話し合いを自宅でする際に心配なことに、満足な提案ではなかった時に断れるかどうかという点があります。

良心的な会社であれば強い勧誘の禁止令があったり、担当者と合わないときには変更してもらえたりするようなサポートを用意してくれています。

一回だけの面談で契約まで至ることはほとんどないようなので、はじめに相談だけのつもりでいることを伝えておくというのもひとつの方法です。

FPさんの質やその提案に自信があるところならその辺りのスピード感も理解しているでしょうから、受け入れてくれるでしょう。

マイルやポイントサイトで交換できるポイントが保険無料相談でもらえるキャンペーンを見かけます。

高額ポイントがもらえるサービスってあまり名前を知られていないものばかりで本当にポイントが付与されるのかわからないですよね。

ポイント付与までの流れとしては、数回の面談を実施し、アンケートに答えると付与されるという形式が多いです。

そのため、初回の面談等で契約の見込みがないと見られたらその後の面談予定がなかなか合わないなどポイント付与の条件に満たない状態で放置される可能性があります。

そのため、ポイントが欲しいからという動機で申し込むのはやめましょう。

数年前まではいろいろなところで現金・キャッシュバックキャンペーンをやっていましたよね。

特にスマートフォンの勧誘では額が大きすぎて本体を買うよりもキャッシュバックされるようなことすらありました。

保険無料相談サービスでも商品券プレゼントを相談者特典で行なっていました。

こういった商品券プレゼントキャンペーンを最近は見かけなくなりましたよね。

それもそのはず、2017年に金融庁が出した指針で高額なキャッシュバックや高額な商品券がもらえるキャンペーンを禁止としたからです。

そのため、保険業界では相談者特典の内容をお米や牛肉、タオルなどの景品プレゼントに変更しているサービスもあります。

保険無料相談サービスの使徒上から商品券をプレゼント!というキャンペーンをパッタリと見なくなりました。

調べてみると、2017年4月に金融庁の出した指針によって相談特典で高額な商品券がもらえるというセールスプロモーションは禁止になったからです。

指針の具体的な内容としては換金性の高い商品の提供を禁止したことです。

逆に言うと「換金性が高くないものなら大丈夫」とも解釈できるので一部のサービスでは商品券から「換金性の低い特定の商品をプレゼントする」と言う販促方法で募集をしている状況に変わっています。

そのため、商品券がもらえるキャンペーンはなくなってしまいました。

一般的に家の次に大きな支出と言われている、保険。

内容などの見直しをするときには気を付けなければいけません。

考えられるトラブルについては事前に把握し、慌てないようにすることが大切です。

多くの人が一番心配なことは押しの強い勧誘だと思います。

不安をあおって急かしたり、必要かもわからないメリットを強調されたりして理解が不十分なまま契約にもっていこうとするというやり方です。

希望や要望はきちんと伝えておき何なら少し考える時間をとりましょう。

一般的な会社にはサポートサービスがあり、担当者を替えることができます。

人生においても重要なポイントですからはっきりとした態度を示しましょう。

保険無料相談の広告を見ていると疑問に思うことがあります。

それは有料保険相談も存在しているの?ということです。

結論から言うと存在します。

相談サービスは元々有料なのが基本だったそうです。

では何が有料と無料で違い、メリット・デメリットになるのでしょう。

無料相談の場合、FPは相談者と面談するだけでお金はもらえず、提案した生命保険に加入してもらって初めて保険会社から手数料という形で報酬が発生しません。

そのため、FPにとって契約時の報酬がの高い保険ばかりを勧めてくるFPが場合によってはいます。

逆に、有料の相談の場合、無料相談と比べ販売ノルマのようなものがないため、親身になってくれる可能性が高いようです。

プロに保険相談をしたいとき、どんな方法をあなたは選びますか。

自宅や勤務先の近くでFPさんと会う人もいれば、テレビコマーシャルでもよく見かけるように、店舗まで行ったことがある人も少なくないのではないでしょうか。

全国展開しているような会社なら駅前や地下街などといった、ほかの用事のついでに寄れるような店舗も多いので、利用する方も気軽です。

家を知られたくなかったり、プライバシーが確保できない場所でお金や生活の話をしたりするのが嫌なら、実店舗を構えているところが良いかもしれません。

近年、ペットの家族化、人間化というような現象が急速に進んでいます。

例としては、「ペット保険」や「ペット供養」などです。

ペット保険とは、動物病院で病気の治療をかかった際の治療費用を保障する保険です。

どこの動物病院でも入院給付金や手術給付金の対象になるほか、ガン給付金や死亡給付金がついた保険も中にはあります。

ただし、毎年のワクチン接種は適用外になりますので病気になる可能性の低い若いペットの場合は必要ないという考え方もあります。

ペット保険について気になる方は、保険無料相談サービスでも取り扱っているようなので相談してみましょう。

今の保険を選んだ際になにを参考にしましたか?ランキングサイトなどネットを参考にした人、職場に来た営業の人の案内などいろいろな方法で決めたと思います。

そうやって決めた結果、月々の料金が厳しい、実は保障内容を覚えていないという人も多いのではないでしょうか。

保険無料相談サービスで確認をしましょう。

当然のことですが加入当時と現在で生活状況は変わってくるものです。

勇気を出して相談してみた結果、保障内容がほぼ同じなのに月額が低く抑えられた、今の生活状況により合ったオプションが乗り換えができたという話も多いです。

無料でできる保険相談のニーズが高まっています。

有料でもおかしくないような専門的な話し合いができるのに、お金を払わなくて良いとは太っ腹ですよね。

下世話な話ですが、お金が流れる仕組みについて少し調べてみました。

ざっくり言ってしまえば大本のお金を支払っているのは保険会社で、それは契約成立時のみ手数料として発生するシステムとなっているようです。

ですからどれほど優秀なFPさんであっても面談だけでなく契約まで至らないとお金にならないわけですが、そのチャンスはたくさん得られるので、皆が得するメカニズムと言えるかもしれません。

豪華な景品プレゼントで相談者を募集している保険無料相談サービスをウェブ上で見かけます。

半分以上の方が、保険相談の申し込みをwebフォームから行えば商品プレゼントされると思っていますがそれは間違いです。

基本的には数回の面談後、アンケート回答などを景品プレゼントの条件にしています。

そもそも、申し込んだからといって絶対に面談をしてもらえるわけではありません。

特に、中小のサービス業者に申し込んだ場合は、大手サービスに比べて登録しているFPが少ないため面談の予定がなかなか決まらないことがあります。

保険の無料相談サービスをしているところは、少なく見積もっても10社以上はあるかと思います。

その中で間違いない会社を選びたいなら、おすすめはFPさんの質が高いところです。

いくつかの会社で数人のFPさんと面談した人によると、それぞれのFPさんによって、話す内容が同じでも提案されるものが違うことが多いようです。

契約になればそのFPさんとその後も関係が続いていきます。

こちらの希望をくんでくれるのはもちろん、想像以上のプランをたててくれるようなFPさんが数多くいるようなところを選びたいですね。

無料の保険見直し会社は有名なところだけでもたくさんあります。

ネットからでも手軽に申し込みができ、あとは流れに沿っていけばFPさんとの面談が叶います。

しかしやはりその前に、自ら下準備をしておく必要があります。

今の保障内容はもちろんなのですが、自身の生活スタイルに合っている保障とはどんなものか、どんなものは必要ないのか、支払い可能な月額はどれくらいなのか、家族構成等の将来的な生活変化の可能性など、事前に準備をしてスムーズに話し合いができるようにしましょう。

参考:生命保険見直しガイド!無料相談比較ランキング【2ch口コミ嘘?】